参議院選挙の期限前投票に行ってきた

By: Ho John LeeCC BY 2.0

どの党に入れればいいのかよく分からない

今の政治についてそんなに頻繁にニュースを読んだり調べたりもしていなかったので

・どの党に入れればいいのか
・どの党が何に賛成・反対なのか
・変更しようとしている政策によるメリット・デメリット
・そもそも比例代表って何だったけ?

というお粗末な知識の私でした.
しかしながら,適当に票を入れるわけにもいかないのである程度調べてみました.
というか,若者の投票率が低いってよく耳にしますが,

「どの党に入れればいいのかよく分からないし,こんな知識のまま適当に投票しても,なんか無責任な一票になりそうでやだなー」

っていう人が多いんじゃないかと思う...あ,私だけですかね...

年をとるにつれてニュースとか新聞よく見るようになって,
自分の仕事の状況とか立場とかから,自分の考えをもつようになって,
それぞれの政党の見解と比較できるようになって,
「自分の考えに似ているのはこの党だ!」って投票しに行くようになるのかな...と思う

どの党に入れればいいのかよく分からない,といえば
最近Twitterとかでちょいちょい回ってる
「日本政治.com」
の投票マッチング.あれ便利ですけどもうちょっと詳しい情報があるといいなと思いました.

例えば「Q1.物価目標2%を目指すべきである。」ですが,

デフレ脱却のために、安倍政権と日銀は物価を前年度比2%上昇させるという画期的な目標を定めました。 // -> そもそもデフレってだめなの?
目標達成のため、日銀は無期限で国債を買い入れるなど金融緩和を進める方針です。 // -> 金融緩和? 
しかし、2%目標により物価が上昇したところで、実体経済が向上せず雇用や賃金の改善を伴わなければ、国民生活はかえって圧迫されます。 // -> 物価上昇させて実体経済が向上した国・しなかった国の例とかあるのかな?

と調べれば調べるほどgoogle先生のお世話になり,
「物価目標2%を目指すべきである」のか,結論もなかなかだせません.

やっぱり日頃から政治や国際情勢についてある程度知っておかなきゃいけないなと思いました.

お酒の席では...

政治・宗教の話はタブーらしいけど,そういう話をしてくれる先輩がいないと,
それがどんなに偏った話でも,それがいいか悪いか考える機会すら与えてくれないので,
若いうちは熱い議論ができるくらいに政治の話をしてもいいと思いますが...

そうすれば,少しは政治に関心を持った若者が増えるのでは...
まぁ,仕事先の人とかにこういう話をふるのはまずいとは思いますが...

About

プログラムと農業とスノーボードと釣り

Read More