ほうれん草がべと病に


 

なっていました.

葉っぱの表からみると淡い黄色ですが,

裏から見ると灰紫色で,いかにもカビっぽい感じになっています.

冬の栽培で,夜はマイナス5度にもなるのでそっちに気を取られると,

昼間は30度近くになっていたりして,換気をあまりしないのも相まって

こういったカビっぽいやつらが繁殖してしまうのかと思われます...

saikick

プログラムと農業とスノーボードと釣り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です