地方上級公務員試験受けてみた


対策にはこれを友だちから借りて行ったんですが、ダメでしたね。
あれだけいろんな参考書や予備校みたいなのがたくさんある理由がわかりました。
しっかり勉強してかないといけないっす。

まぁ、でも世間を知って身の程を知る的なスタンスでいったので、色々と発見がありました。
まず、スーツの人が意外と少なかったこと。4割くらい?な感じでした。
お硬く決めていくのかと思えば、1次試験では面接ないので私服で全然OKでした。

あと、人がめっちゃいたこと。
一大イベントみたいでした・・・

試験は、HBの鉛筆と鉛筆削りを用意、っていうお固い感じだったのですが、
周りを見た感じ、シャーペンの人もいました・・・

あと!!!
腕時計してくの忘れました・・・
普段腕時計していなくて、試験慣れしていないと忘れます。
そして、試験をした部屋には時計はありませんでした!
時間配分で死にます。
気をつけましょう。

試験内容については・・・
新聞毎日読みましょうって感じでした。
どういうことかというと、前回の衆議院選挙ではどんな感じだったか?、とか、震災後のエネルギー需給はどうだった?、とか、
最近の政治、経済の動向とかが多かったです。
あと、箱を切ったときの断面とか、図形を組み合わせるとどうなるとか、X円とY円の商品の値段だすやつとか、何通りあるかとか、そういうのが多かったです。

専門は、私、農業受けたんです。
今まで勉強したことと全く違う分野なんですが、興味があって受けてみました。
結果は散々ですが・・・
植物の養分の流れ・変換とか、植物の細胞とか、DNAのとことか、牛の体の構造とか、まぁ全部勉強不足でした・・・

あと、論文。
普段PCばっか使ってると、字が・・・汚い・・・
漢字が・・・出てこない・・・

という結果でした!

saikick

プログラムと農業とスノーボードと釣り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です